注射でも気軽にできる|プチ整形から本格手術までできる

医師の技術が重要な分野

ナース

施術法を知っておく利点

生涯を通じて若々しい姿でいたいという気持ちは、多くの人に共通するものです。現在はその気持ちを美容整形のアンチエイジング施術で実現できます。しかし一方でアンチエイジング施術は効果は高いものの費用も高額なものや、ダウンタイムが長いため、なかなか施術を受けにくい人もいます。そのようなこともあり、最近ではプチ整形によるアンチエイジングが流行しています。プチ整形によるアンチエイジングでは、施術前に把握したい事柄が複数あります。その1つがプチ整形によるアンチエイジングとしてよく知られる施術法についてです。現在は多数の整形外科クリニックがあって、それぞれ施術の名前が違っていることも多いですが、ある程度扱っている施術法は共通しています。そのため有名なプチ整形施術について調べておくと、そのクリニックの施術方針なども理解しやすいメリットがあります。具体例を出すと、ヒアルロン酸注射もアンチエイジングのためのプチ整形として、極めてポピュラーな施術法です。化粧品にもヒアルロン酸はよく配合されていますが、美容整形の分野では主に肌の形を整えてふっくらさせる役割があります。そのため顔のしわ取りや二重施術、まぶた下のクマ取りなどのフェイシャルの施術全般や、豊胸のようにボディの施術にも使われています。また施術を受ける美容整形クリニックを探すときには、症例写真を確認しておく工夫も有益です。症例写真はそのクリニックの技術だけでなく、審美的な考えも分かるためです。

施術の持続期間にも注意

費用が総じて安く、ダウンタイムも短い上に施術中の痛みも少ない施術例が多いのがプチ整形によるアンチエイジングのメリットです。しかし一方で、施術を受けるにあたって注意をしておきたいこともあります。注意点として1つ目に、プチ整形によるアンチエイジングは施術の持続期間が限られているものが多いことです。例えば顔のシワやほうれい線を消すための施術として、ヒアルロン酸注入や脂肪注入といったプチ整形があります。しかしこの2つの施術法は何れも効果が一定期間で失われます。個人差はありますが、おおよそ1年から2年程度とされており、その後は効果を持続させるならば再注入が必要です。他のプチ整形によるアンチエイジングも似たような性質を持つことが多く、ボツリヌス菌を注入することで、表情ジワを解消する施術でも、やはり効果は一定期間に限られるので気をつけておきます。2つ目の注意点に、ダウンタイムを意識しておくことです。メスを使った施術に比べてダウンタイムが短いのがプチ整形の魅力の1つですが、それでも施術によっては数日から数週間の腫れや肌の張り、違和感といったものが続くことがあります。施術後に長くこのような症状が続く場合は、施術を担当した医師に相談するように注意を要します。最後の3つ目の注意点として、アンチエイジングによるプチ整形は実は医師の技術がかなり重要だと言われています。これらの施術は比較的最新の技術が使われていることが多く、ヒアルロン酸注入や脂肪注入、糸を使わないフェイスリフトなども多くは医師の技量がかなり仕上がりに左右します。だからこそプチ整形でアンチエイジングを行う場合は、信頼できるクリニック選びと、良い腕を持つ医師を探すことが重要です。